トップ

下肢静脈うっ滞症候群

下肢静脈瘤とはなにか

メカニズムと静脈弁が壊れる理由

足の皮膚が部分的にカサカサして、痒さに悩まれているとしたら、それは下肢静脈瘤の合併症である「下肢静脈うっ滞症候群」のせいかもしれません。痒みの辺りにボコボコした血管の瘤があれば、その可能性は高いでしょう。

血液は足から心臓に戻る時に、下から上へと重力に逆らわなければいけません。この時、ポンプの役目を果たすのが、ふくらはぎの筋肉です。収縮や弛緩を繰り返して足の静脈を動かし、血液を心臓まで送ります。足の静脈の内膜には半月の形をした「静脈弁」があって、血液が逆流するのを防いでくれるのです。

足には以下の3種類の静脈があります。
・表在静脈……足の表面近くにある皮下脂肪の中を走る
・深部静脈……足の筋肉に囲まれた中心部を走る
・穿通枝……表在動脈と深部静脈をつなぐ

血液は下から上へ、表在静脈から深部静脈に向けて流れるようになっています。けれども静脈弁は薄くて脆く、壊れてしまうと血液が逆流して足の下部に溜まりやすくなります。血液が溜まった静脈は太くなり、やがてヘビ状に曲がりくねって、瘤のように膨らみます。これが下肢静脈瘤になるメカニズムです。下肢静脈瘤の病院探しはこちらがおすすめです。

下肢静脈瘤の原因は、販売員など長時間の立ち仕事や妊娠、肥満による静脈弁への負担や、加齢、更年期による血行不良などがあります。また、生まれつきの体質が影響する場合もあります。静脈弁が壊れやすいのは、足の付け根や膝裏など太い静脈と合流するところで、実際は瘤よりも上流で壊れている可能性があります。また、基本的に表在静脈でしか発生しません。

下肢静脈瘤は見た目が悪いだけでなく、汚れた血液が溜まって炎症を起こすなど、さまざまな合併症を引き起こす可能性があります。その一つが「下肢静脈うっ滞症候群」なのです。